弊社社長がマラウイとザンビアを訪問いたしました

 

 

 

 

 

今月上旬に、弊社社長がマラウイとザンビアを訪れ、ホテルディベロッパーコンサルタントのブリジェット氏およびマーク氏とお会いすることができました。カリブ海のオランダ領島とオランダのご出身のお二人は、世界中を旅しながらオーナーたちと共働し、ホテルやロッジの開業で成功を収めておられます。

ザンビアでは、新しいロッジ、キボコ・サファリのオープンを拝見することができ、低コンテキストの活用、スタッフとの密なコミュニケーション、そして新施設の開業に伴う様々な課題について多くのことを学ぶことができました。弊社社長は、2000年より在籍した、スペースデザイン社を発展させるためのチームの一員として尽力しましたが、根本的に異なる文化を持つ全く新しい環境で働く際には、優しさや笑顔での明確なコミュニケーションが大変効果的だと分かりました。

弊社のグローバル人材育成事業「トレイン・トゥ・グローバライズ」では、コミュニケーションの違いがどれだけビジネスに影響するかについて話し合いますが、ザンビアではそれを身をもって体験し、功を奏しました。日本国外での経験を通じて得た知識が、クライアントへのよりよいアドバイスとパートナーシップに活用したいと思います!